口コミで話題の広島のパーソナルジム!無料カウンセリングを受けまくり勝手にランキング!

痩せるために食生活を見直そう!今日から始める痩せる食生活

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば良いのだとよく言います。

しかし、食べる量を減らしているのになかなか痩せない、食事量よりも運動しているはずなのに目に見える効果がないということも多いでしょう。

なぜ、そのようなことになるのかと言うと、食事量はただ減らせばいいというわけではなく、その食事内容も重要であるからと言えます。

痩せるためには、まず食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

・朝食は多めに、夕食は控えめに

食べ過ぎると太るのは避けられませんが、食べた分を消費できれば太る原因にはなりません。

それぞれの生活習慣などによっても異なりますが、朝起きて学校や仕事に行って、夜帰ってきて寝るという生活ならば、朝食をしっかり食べても昼間の活動でカロリーを消費することができます。

しかし、夜に食事量が多いと、消費できないまま睡眠に入ってしまい、その分脂肪につきやすくなります。

睡眠中は、脂肪が蓄積されやすいので、夜はできるだけ食べないようにするのを鉄則にしたいですね。

・栄養バランスを考える

痩せるためには、カロリーなども考慮することは必要ですが、低カロリーのものばかり食べていては、栄養が偏ってしまいます。

野菜はもちろんですが、肉や魚などのたんぱく質もバランスよく食べるようにしましょう。

たんぱく質が不足すると、筋肉が落ちやすくなり、痩せたとしてもすぐリバウンドするような体質になってしまいます。

また、栄養が偏って、一部の栄養素が足りなくなると、その栄養素を補おうとして、食事をしても物足りない、なにか食べたいという欲求が強くなってしまう危険性があります。

そうすると、何を食べればいいのかわからないまま、ついついどか食いしてしまったり、せっかく食事量を減らしていたのに、結果的に食べ過ぎてしまったりします。

・血糖値の急上昇を抑える

最近流行りの糖質制限ダイエットは、糖質を取り過ぎないことが目的でもありますが、血糖値を急上昇させないためにも効果的です。

炭水化物や糖分を多く含む食べ物を食べると、口の中で唾液に含まれるアミラーゼが炭水化物を分解し、ブドウ糖に変換されます。

このブドウ糖が血液を通って体中に運ばれ、エネルギーになるわけですが、血液中の糖の量が多くなるので一時的に血糖値が急上昇します。

血糖値が上昇すると、そのブドウ糖を体の各所に運ぶためにインシュリンが分泌されます。

血糖値の上昇具合によってインシュリンの量も増えるわけですが、エネルギーが消費されないと、筋肉などに運ばれたインシュリンが渋滞してしまいます。

そうすると、インシュリンを運べなくなったブドウ糖は、容量の制限がない脂肪細胞に運ばれます。

その結果、脂肪細胞が大きくなって太ってしまうわけです。

食事の時にごはんなどの炭水化物から食べ始めると、血糖値の急上昇が起こりやすくなります。

血糖値の上昇をゆるやかにするためには、まず野菜やきのこなどの低カロリーで食物繊維が豊富なものから食べ始めることです。

また、早食いも血糖値を急上昇させる原因になるので、できるだけゆっくり食べるようにしましょう。

血糖値が急上昇すると、降下するのも早くなるので、すぐに空腹感を感じたり、なにか食べたいと思ってしまいます。

その結果、間食が増えたり、おなかが空いていないのに食べ続けてしまう悪循環につながりやすいので、血糖値の急上昇を抑えることがダイエットにとって重要なポイントになると言えます。

・基礎代謝量を知る

基礎代謝とは、何もせず動かない状態でも、生命を維持するために必要なエネルギーが自然と消費されていくことです。

そのエネルギー量を基礎代謝量を言いますが、年齢や身長、体重などによって個人差があります。

平均的な成人男性なら、1日1500kcal、成人女性なら1200kcal程度と言われています。

つまり、特に運動はしなくても、この基礎代謝量より少ないカロリーだけ摂取していれば、自然と痩せていくということになります。

とは言え、ふつうに生活していれば、仕事や通勤、家事などで多少はエネルギーを消費していますので、基礎代謝量より少し多めでも、太るということはありません。

あまりカロリーにこだわり過ぎてもよくありませんが、ある程度の指標として、1食500kcal未満にするなど、食事量の目安になるでしょう。

・食生活も含めた生活習慣の見直しを

食生活の見直しは、痩せるためには欠かせないことです。

きちんと計画を練って、適切な食事内容と量を守れば、無理なく痩せていくことができるでしょう。

しかし、生活習慣も食事とは切っても切り離せない関係にあります。

起きる時間や寝る時間が不規則だと食生活も乱れがちですし、ストレスがたまるとどうしても食欲に結びついてしまいます。

適切な食生活を取り入れるためにも、できるだけ運動もできるような、規則正しい生活習慣になるように見直すことから始めてみるといいのではないでしょうか。